インプラント治療inpuranto.htmlshapeimage_3_link_0
自家歯牙移植zi_jia_chi_ya_yi_zhi.htmlshapeimage_5_link_0
歯内療法chi_nei_liao_fa.htmlshapeimage_6_link_0
スポーツ歯科supotsu_chi_ke.htmlshapeimage_7_link_0
口腔科kou_qiang_ke.htmlshapeimage_8_link_0
歯周炎はお口の中の細菌が引き起こす、口腔内2大疾患のひとつです。進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)が吸収してぐらぐらしてきます。放置して重症化すると、急性の炎症を起こし膿の溜まり(膿瘍)を作ったり、歯を失うことにもなり注意が必要です。歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時の出血があるような場合、痛みがなくても診査をお受けになる事をお薦めします。現在では、進行した歯周炎の場合でも快復に向けることも可能となってきました。また、最近では糖尿病と歯周炎の相互関係が問題となっております。全身的な面も含めて、口腔ケアーを行ないましょう。
レーザー治療reza_zhi_liao.htmlshapeimage_10_link_0
かみ合わせ治療kami_hewase_zhi_liao.htmlshapeimage_11_link_0
健康な歯肉はピンク色で、歯と歯の間の歯肉は引き締まった三角形をしています。
■ 歯周病治療の流れ
~歯周病治療は二人三脚です!~
進行した歯周病治療を成功に導くためには、患者さんのがんばりとわれわれ医療従事者(歯科医師、歯科衛生士)との二人三脚が必要です。
上の図のように、
1、患者さんによる「自己管理」(正しいブラッシング)、
2、われわれがさせていただく「高い水準の治療」(ハイレベルな技術)、
そして3、治療終了後のメインテナンス(定期健診とクリーニング)の三つがあって初めて治療は成功に導かれます。

950-0105 新潟市江南区大渕3485 tel.025-277-0685 fax.025-277-5253

Copyright (C) 2009 KURASHIMA DENTAL CLINIC All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】

戻るshapeimage_15_link_0
 ブラッシング
   ・ 歯周病の原因はプラーク(細菌)。だから正しい歯磨きでプラークを取ることは歯周治療の基本です。
   ・ ブラッシングは回数や長さより、磨き残しがないように磨くということが大切です。歯と歯の間に隙間ができている人
     は歯間ブラシやデンタルフロスも必要です。
   ・ ぜひ一度歯科医院でブラッシング指導を受けましょう!

 スケーリング・ルートプレーニング
   ・ 歯石はプラークが唾液や血液中のカルシウムなどのミネラル分と結合してできたもので、文字通り石のように固く歯
     や歯根表面に付着しています。
   ・ 歯周病に悪さをするのはこのうち根の表面についている歯石で歯周ポケット内にあるため気づかないこともしばしば 
     です。
   ・ 歯石は歯根にこびりつくように強固についており、ブラッシングやうがい薬などでは決して取れません。これをとるた
     めの治療をスケーリング・ルートプレーニングといい、歯科医院での治療が必要です。

 歯周外科手術
   ・ 歯周病が進行している場合には歯周外科という小外科手術が必要になることがあります。
   ・ これは深いポケットの中の歯石を確実に取るため、またホームケアをしやすいように歯ぐきの形態を整えるといった
     目的があります。
   ・ いくつかの方法があり、その中には歯周再生療法、審美歯周外科といった治療法も含まれます。
   ・ 外科手術といっても、時間的には1時間程度でスケーリング・ルートプレーニングとさほど変わりません。ただし当日
     はお酒や運動は控える必要があります。

 レーザーと歯周治療
   ・ 最近歯科でもレーザーを歯周治療に応用する試みがあります。しかし現在のレーザーでは歯根面を傷つけずに、ま
     た歯ぐきを切開することなく歯石を取りきることはできません。レーザー単独では歯周病は完治しない理由です。
歯周治療shapeimage_17_link_0
審美治療shen_mei_zhi_liao.htmlshapeimage_18_link_0
義歯治療yi_chi_zhi_liao.htmlshapeimage_19_link_0
ホワイトニングhowaitoningu.htmlshapeimage_20_link_0
歯 周治療
歯 周病の治療
歯ぐきの痛み、腫れなどの急性症状に対処します。
いったん痛みや腫れがひいた後、歯肉の状態を詳しく調べます。歯周病の進行には個々の患者さんの先天的な要素も歯周病の原因の多くをしめており、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病の成り立ちと似ています。それゆえ患者さんのタイプを判定することが重要になります。全体のレントゲン検査やお口の中の写真撮影も含まれます。
精密検査の結果をもとに、綿密な治療計画が立てられます。また患者さんに治療計画の説明が行われます。
歯周病治療の基本となるもので、ブラッシングの改善、歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)などが行われます。簡単な虫歯の治療や、仮ブリッジ、仮義歯の作製も必要に応じて行われます。
歯周病の進んだ部位のみに行われ小外科治療(歯周外科手術)が応用されます。失われた歯周組織を再生させる、再生療法もこの時期に用いられます。
冠をかぶせたり、ブリッジ、義歯が作製されます。(必要な方のみ)
せっかくよくなった歯ぐきを長持ちさせるため、 1 ~ 6 ヶ月ごとの定期検診を受けましょう。
◉ ホーム ◉ 院長紹介 ◉ 医院紹介 ◉ チーム倉嶋 ◉ 診療カレンダー  ◉ リンク ◉ サイトマップ      cang_dao_chi_kekurinikku.htmlyuan_zhang_shao_jie.htmlyi_yuan_shao_jie.htmlchimu_cang_dao.htmlzhen_liaokarenda.htmlrinku.htmlsaitomappu.htmlshapeimage_30_link_0shapeimage_30_link_1shapeimage_30_link_2shapeimage_30_link_3shapeimage_30_link_4shapeimage_30_link_5shapeimage_30_link_6
ご予約、お問いあわせは・・・
☎ 025-277-0685

医療法人社団 慧真会

倉嶋歯科クリニック

エムドゲイン 年代別健康歯肉 治療例1 治療例2 治療例3 治療例4 治療例5 治療例6emudogein.htmlnian_dai_bie_jian_kang_chi_rou.htmlchi_zhou_zhi_liao_li1.htmlchi_zhou_zhi_liao_li2.htmlchi_zhou_zhi_liao_li3.htmlchi_zhou_zhi_liao_li4.htmlchi_zhou_zhi_liao_li5.htmlchi_zhou_zhi_liao_li6.htmlshapeimage_33_link_0shapeimage_33_link_1shapeimage_33_link_2shapeimage_33_link_3shapeimage_33_link_4shapeimage_33_link_5shapeimage_33_link_6shapeimage_33_link_7
知っておくと良い事zhitteokuto_liangi_shi.htmlshapeimage_34_link_0
矯正治療jiao_zheng_zhi_liao.htmlshapeimage_40_link_0